東京 渋谷のチョコレート専門店 THÉOBROMAのブログです。
焼きそば
この日は夕食で初めて焼きそばを食べました。



美味しそうでしょう。
それが、あんまり美味しくないんです。

頼んだら2分で出てきました。
焼きそばなんだけど、熱くも温かくもありません。
味がしないのでサカイという香辛料を付けて食べます。

どこの店でどんな料理を頼んでも、すぐに出てきます。
お待たせしません。
理由は簡単です。
まず開店前に、鶏肉10食、豚肉10食、牛タン10食、焼きそば10食、
魚のフライ10食というように作っておきます。
注文が来たら皿に盛って出すだけです。冷めたまま。
電子レンジ、ありません。
温め直す気、ありません。
怠慢ではありませんよ。

薪の生活なんです。
電気もガスもありません。
冷蔵庫もありません。
肉を買ったら直ぐに調理して、涼しい所に置いておくのです。
ほとんどの料理にご飯が付いて70円から140円くらいです。
しかし、ご飯は日本人が考える量の3倍、おかずは半分以下です。
おかず2品とビール、デザートにヨーグルトを食べても300円を
越すことはなかなか難しいです。
スーパーで大瓶ビールを買ったら50円くらいです。
ご飯の量、昭和のお相撲さんみたいな感じです。
でも、井戸の水汲みや農作業、家畜の世話などがあるから
太ることもありません。

我々には外食は贅沢で高くて美味しいというイメージがありますね。
一方、マダガスカルでは、温かくて美味しいのは家庭料理で、
みんなで出来立ての釜の飯を食べます。
何かの都合で家で(例えば旅行とか)ご飯が食べれない時に、
空腹を満たすために食べるのが外食なんです。きっと。

ホテルも同じです。
ホテルと聞くと豪華な寝室、結婚式やパーティー、バーなどを
思い浮かべることができます。
でもマダガスカルの地方では、ホテルとは、その日の寝床、
最低限の寝室を持つ宿屋という意味になります。

色々なことをお伝えしていますが、去年も今年も滞在中に
お腹をこわしたことも、蚊に刺されたりしたことも
一度もありませんことをお伝えしておきます。

ゴキブリやネズミも見ていません。
ハエはいっぱいいますけど。
あと、ヤモリは良く見かけます。
ヤモリはアジアでも良く見ます。
家守ですよ。怖くありません。
むしろかわいい。

トカゲとイモリとヤモリ、どこが違うのかなあ?

スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック