東京 渋谷のチョコレート専門店 THÉOBROMAのブログです。
ホテルライフ2
言葉の通じない国ではやれることが少ない。
とりあえず、アメニティーグッズのチェックをする。



なかなかいい。
ホテルのシャンプー類はスマートでかっこいいし、きれいだ。
しかし、字が小さくてシャンプーがリンスかボディソープか
半別するのに5分以上かかる場合がある。
今回もまた分かり難い。

とりあえず1個開けてみる。

DSC_1001.jpg

何と、アルミで栓がしてあるじゃないか!
これが中国だ。
どういうことかって?
余分なことをする。

多くの中級レストランでは、必ずと言っていいほど
食器は頑固なラップに包まれている。
「衛生的ですよ」というアピールだけど、
ラップが頑丈過ぎて取るのがうざい。
高級店ではそのようなことはない。
安い店は「衛生的だと」言わないので、
こちらもまた、ラップに包まれていない。

で、問題はこのシャンプー。いや、リンスだ。
アルミが頑固で取れない。
面倒だから思いっきり押さえつけたら回りに飛び散った。
だから言ったじゃないですか。
余分なことしなくていいって。

こうして時間が経っていきます。

スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック